• ホーム
  • 薄毛予防に!自分でできる頭皮マッサージの方法

薄毛予防に!自分でできる頭皮マッサージの方法

疲れたときや身体のある部位が痛むときなど、無意識に筋肉を揉みほぐしていることは誰にでもあるかと思います。
例えば、頭痛がひどいときにこめかみや頭の後ろを押したりすると思いますが、これらの無意識に押しているツボは、昔から頭痛に効くツボとして認識されているのです。
また、身体のメンテナンスのため定期的にマッサージを受けている人も多いでしょう。
歴史を遡れば、実に古代からマッサージとは私たちに身近なものであり、それなりの効果が期待できるものでもあるのです。
そんな嬉しい効果を得られるマッサージを、自分でも手軽に出来るようになれば、習慣のひとつとして継続できるようになります。

ある程度年齢を重ねると、男女問わず薄毛に悩む人も少なくありません。
男性は特にホルモンの関係で、比較的早いうちから薄毛になってしまう場合も多々あります。
女性も薄毛が進行してしまうと、髪の毛にボリュームが無くなってしまい、おしゃれを楽しみたくても決まらないという状態になってしまいます。
そんな悩みを抱えている人におすすめしたいのが頭皮マッサージです。
頭皮の血流が良くなると、抜け毛の予防になったり、発毛を促進することが期待できるからです。
もちろん、頭皮マッサージは薄毛だけでなく、健康や美容にも効果抜群です。
マッサージで得られるリラクゼーション効果も重要です。

例えば、老化現象のひとつとして挙げられる顔の皺やたるみですが、頭皮マッサージをすることで、進行を遅らせたり、その状態を改善させることが可能です。
なぜならば、顔の皮膚と頭皮はひとつの皮膚で繋がっているからです。
あまり普段、意識することはありませんが、私たちの頭皮は身体と同じように、疲れがたまると凝り固まってきます。
それが老化現象の原因になったり、身体の不調に繋がることは十分に考えられます。
普段から定期的に頭皮マッサージで頭皮を柔らかく揉みほぐしてあげることで、これらのことを防ぐことができるのです。

薄毛対策にはツボ押しも効果的

では、薄毛に効果的な頭皮マッサージですが、どのような方法で行ったら良いのでしょうか。
マッサージはやみくもに行ってもその効果はあまり期待できません。
正しいやり方を知ることから始めましょう。

まず気をつけたいのは、強く押しすぎないことです。
皮膚に強い刺激を与えすぎると、皮下組織などを傷つけてしまいます。
薄毛の原因には血流不良も考えられますので、優しく全体の血流を意識して行いましょう。
マッサージする際は前頭部と側頭部、頭頂部というようにブロックを意識して行うとやりやすいです。

そして忘れてはならないのが、ツボ押しです。
薄毛に効果的なツボは頭皮にたくさん存在します。
それらをひとつずつ見ていきましょう。

最初に、どのツボも指の腹で五秒ほど指圧し優しく力を抜いてあげることが大切です。
これを三回ほど繰り返します。

まずは百会という頭頂部の中心にあるツボです。
百会は血行促進やストレス解消に効果があるとされています。
通天は先程の百会から指一本分生え際の方へ、指二本分外側へ移動させたところにあります。
通天は頭痛と薄毛に効果があります。

次は天柱という首筋のやや外側に位置するツボです。
手のひらで頭を包むようにして、両親指で押してあげると良いです。
百会と同じく万能のツボと言われています。

風池も良く知られています。
風池は天柱から指一本分外側にあり、頭痛や血行促進に効果的です。

頭皮以外にも私たちの健康促進に欠かせないツボがいくつもあります。
陽池は手の甲にあり、集中力を高めることで有名ですが、血行促進にも効果があります。
気が散るときなどは、息を吐きながら陽池を刺激してみましょう。

中府は鎖骨の下にあり、肩こりに効果的です。
また中府は咳を鎮めてくれる効果もあるので覚えておくと良いでしょう。

次は関元で、おへそから指四本分下に位置します。
関元は冷え性に特に効果があるので女性におすすめです。

最後は合谷という手の親指と人差し指が交差したくぼみ部分のツボです。
合谷も万能でストレス解消や風邪の症状などにも効き目があります。