• ホーム
  • 発毛有効成分ミノキシジルの特徴

発毛有効成分ミノキシジルの特徴

髪に落ち込む男性

近年では薄毛や抜け毛などの症状に効果的な様々な医薬品が登場しており、ミノキシジルもその中のひとつとなります。
ミノキシジルは別名フィナステリドとも呼ばれ、元々は高血圧の治療薬として開発されました。
血管を拡張させて血圧を低下させる働きがあり、その臨床試験において投与した患者の多くで発毛効果が確認されたため、その後薄毛や抜け毛などの治療薬として幅広く使われるようになったのです。

ミノキシジルの血管拡張効果や血流改善効果は、髪を生み出す元となる毛母細胞にも良い影響を与えることになります。
髪を育てるために必要な栄養成分は血管を通って血液により運ばれますので、頭皮の血流が改善されれば毛母細胞に栄養がしっかりと行き届き、太く健康な髪を育てることができるのです。

さらにミノキシジルには、細胞増殖効果や細胞成長因子産生効果があるとされています。
髪の毛を包んでいる部分である毛包に直接働きかけて、毛母細胞の増殖や分裂を活性化させることにより、薄毛や抜け毛などの症状を改善することができるのです。
細胞成長因子とは細胞の働きを活性化させる因子であり、ミノキシジルを使用することで細胞成長因子の産生促進効果や作用増強効果などを期待することができます。

ミノキシジルが配合された治療薬には、医師の診断に基づいて病院で処方されるものと、薬局やドラッグストアなどで購入できるものの2種類があります。
薬局やドラッグストアなどで販売されているものは処方箋なしで誰でも手軽に購入できますが、安全性を重視した一般向けの製品となるためその効果は限られるようです。
抜け毛予防や育毛に本格的に取り組みたい人には、病院を受診して医師の診断によりミノキシジル治療薬の処方を受けることをおすすめします。
ミノキシジルが配合された治療薬には血圧の低下などの副作用が伴う可能性がありますので、くれぐれも正しい用量・用法を守りながら使用することを心がけるようにしましょう。

併用できる!プロペシアとミノキシジルは好相性

抜け毛予防や育毛に積極的に取り組みたい人には、発毛効果が期待できるミノキシジル(フィナステリド)の使用をおすすめします。
さらに男性に特有の薄毛の症状であるAGA(男性型脱毛症)の未然の予防には、プロペシアの併用が効果的だといえるでしょう。
AGAは男性ホルモンの一種であるテストステロンが5α-リダクターゼという酵素と結びつくことにより、ジヒドロテストステロンという原因物質に変性することで発症する薄毛の症状です。
男性が持つ男性ホルモンが発生のメカニズムに関連しているため、AGAは男性にのみ発症することが特徴となっています。

プロペシアは5α-リダクターゼ酵素の働きを阻害する作用のある治療薬であり、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑えることで、発症の未然の予防や症状の改善に効果を発揮します。
ミノキシジルとは作用の仕組みが異なるため併用が可能であり、それぞれの作用を補完することでより高い効果が期待できるのです。

プロペシアの服用については、1日1回(24時間おき)が推奨されています。
毎日同じタイミングで服用することが効果的となりますので、あらかじめ服用の時間帯を決めておくようにしましょう。
食前や食間ではなく食後に摂取するのが効果的となりますので、朝食後・昼食後・夕食後のいずれかの飲みやすいタイミングを選んでください。
ただしお酒を飲んだ後のプロペシアの摂取はNGとなります。

プロペシアはミノキシジルの効果を補完する好相性の治療薬となりますが、プロペシアには性欲減退・精子の減少・勃起力減退などの男性ホルモンに関連する副作用が報告されていますので、ミノキシジルと同様に医師の診断と処方に基づいて使用することをおすすめします。