• ホーム
  • 日差しに注意!紫外線が髪に与えるダメージ

日差しに注意!紫外線が髪に与えるダメージ

紫外線によるダメージといえば、シミなどお肌への影響を思い浮かべる人が多いでしょう。
実はお肌だけでなく髪にも、紫外線は大きなダメージを与えています。
何も対策をしないと、どのような悪影響が考えられるのかチェックしてみましょう。

まず紫外線による悪影響として考えられるのが、ケラチンへのダメージです。
髪の主成分ケラチンは、複数のアミノ酸が結合して作られています。
特にイオウを含む「シスチン結合」という丈夫なアミノ酸を、多く含んでいることが、髪のハリ感・コシをアップするために必要です。
ですが、紫外線を浴びると作られる活性酸素によって、シスチン結合は分解されてしまいます。
すると、強さとしなやかさのある髪から、弱々しい髪へと悪化するようです。

美しい髪をキープするために必要と言われているキューティクルも、紫外線によってはがれてしまいます。
キューティクルは髪の1番外側を覆っている透明で硬いうろこ状の細胞です。
髪を保護するバリア機能があるのですが、紫外線によってはがれてしまうと髪内分の水分が失われやすくなります。
すると、枝毛、切れ毛、髪のパサつきといったトラブルに繋がります。

また、紫外線は髪だけでなく、頭皮にも大きなダメージを及ぼし抜け毛や、薄毛を引き起こす要因となってしまうため注意が必要です。
毛母細胞という毛根部分にある細胞が、紫外線を浴びると働きが低下し、抜け毛や薄毛を招きます。
秋になると抜け毛が増える・・という人は、夏場に頭皮が紫外線を浴びて、髪が抜けやすくなっていると考えられます。

抜け毛・薄毛だけでなく白髪も、紫外線を浴びることで起こりやすくなるようです。
毛根部分にある色素細胞が刺激を受けることで、白髪になりやすいと言われています。
このように、紫外線は髪、そして頭皮にも悪影響を及ぼすものです。
男性だけでなく女性も紫外線の影響によって、このようなトラブルを引き起こすリスクが高まるので注意しましょう。

紫外線から髪を守るためにできること

パサつきや切れ毛、抜け毛に白髪を引き起こすと言われている紫外線から、髪を守るにはどのような予防法で対策するのが良いのでしょうか。
まずは物理的に紫外線を浴びないよう、帽子をかぶるという基本的な予防法がおすすめです。
できるだけ通気性の良い帽子を選べば、頭皮の蒸れも軽減できます。
ヘアスタイルが崩れてしまうから、帽子は苦手という場合は日傘をさすと良いでしょう。

帽子・日傘以外にも日焼け止めで、髪を保護する対策もおすすめです。
最近は髪専用の日焼け止めスプレーも、多数販売されています。
シュッとスプレーを吹きかけるだけなので、簡単に対策することが可能です。
またUVカット機能のある洗い流さないトリートメントも増えてきました。
このような機能を持つ洗い流さないトリートメントは、紫外線対策するのと同時にツヤ感をアップできるので、特に女性は使いやすいでしょう。

もし、紫外線を浴びてしまったという場合は、ダメージケア用のシャンプーやトリートメントを使い、キューティクルがそれ以上剥がれてしまわないよう、ケアすることをおすすめします。
特に夏場海に出かける機会が多いという人は、対策を徹底して行いましょう。

海は紫外線を浴びやすい環境というだけでなく、海水によって髪の水分が蒸発しやすくなります。
海水浴の後はできるだけシャンプーを早く行い、海水を洗い流す必要があります。
シャンプーだけでなく、最後に洗い流さないトリートメントでケアするとよりベストです。
濡れたままの状態だとダメージを受けやすいこともあり手早く乾かします。

紫外線から守るには、とにかく紫外線を浴びない環境を作る、もし浴びてしまった場合はすぐにケアするようにしましょう。