• ホーム
  • 意外に多い?薄毛に悩む女性が増加中

意外に多い?薄毛に悩む女性が増加中

髪を心配している男性

今、薄毛に悩む女性が急増していると言われています。
女性が薄毛になってしまう原因は様々ですが、近年注目されているのが「FAGA」です。
FAGAは「FstrongaleAndrogeneticAlopecia」の略で、日本語では女性男性型脱毛症と言われます。
薄毛に悩んでいる女性はFAGAが起こる原因やそのメカニズム、そしてどのような特徴があるのかを詳しくチェックしてみましょう。

FAGAは、男性ホルモンのテストステロンが引き金となり発症する脱毛症です。
女性なのに男性ホルモンが影響するのかと、訝しむ人もいるでしょう。
実は女性の体内でも男性と比べると少量ですが、男性ホルモンは作られています。
ただし、女性はホルモンバランスが整っているときには、ほとんど男性ホルモンが作用することはありません。

しかし、ストレスなどでホルモンバランスが崩れたり、加齢で女性ホルモンの分泌自体が低下すると、テストステロンの働きが優位になります。
テストステロン自体は悪さをすることは無いのですが、5αリアクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンへと変化すると、薄毛の問題を引き起こします。

ジヒドロテストステロンは髪を作る司令塔の役割をする、毛乳頭の働きを抑制するホルモンです。
このジヒドロテストステロンが増えることで、ヘアサイクルが乱れてしまい、結果的に髪が細くなったり抜けやすい状態となるのがFAGAが起こるメカニズムです。

FAGAは頭皮全体の髪が細くなったり、コシが失われるという特徴があります。
何となく分け目が目立ってきた、地肌が透けて見える、以前に比べ髪全体のボリュームが無くなり、ヘアスタイルも決まらなくなったと感じる場合は、FAGAを疑ってみましょう。

ホルモンが関係している脱毛症のFAGAは、何の対策もしなければ薄毛が進行してしまうばかりです。
ですが、今はFAGAの治療法も確立されています。
女性で薄毛に悩んでいるのであれば、FAGAの治療を検討してみてはいかがでしょう。

女性の薄毛に効く治療薬の種類と特徴

女性特有の脱毛症「FAGA」を治すには、いくつかの治療法があります。
最近、抜け毛が増えてきた、髪のボリュームが無くなったと感じる女性は、治療を受けてみるのもおすすめです。
薄毛の治療法と聞いて「フィナステリド」の内服薬をイメージする人も多いでしょう。

フィナステリドは男性型脱毛症「AGA」の治療薬として、一般的に処方されています。
FAGAと同じ男性ホルモンの、ジヒドロテストステロンが要因で薄毛が進行する脱毛症です。
フィナステリドはジヒドロテストステロンを作り出す、5αリアクターゼという酵素の働きを抑制する効果があります。

ただ、女性は副作用の関係からフィナステリドを服用することはできません。
フィナステリドは女性が触れるのも禁忌と言われています。
触ったり摂取してしまうと、もし妊娠中だった場合は胎児の生殖器官の発達異常が起こるようです。
重篤な副作用が起こる危険性があるため、フィナステリドを女性が服用することはできません。

FAGAの治療薬として今、処方されているのは「パントガール」です。
パントガールにはパントテン酸カルシウム・ケラチン・シスチン・ビタミンB群など、様々な栄養素が含まれています。
これらの栄養素を上手く組み合わせ、相乗効果によって毛根を活性化させることで、抜け毛の改善効果が期待できます。
あるデータによると、パントガールで治療した女性の約7割に発毛効果が現れたようです。
この数字を見てもパントガールの威力が分かるでしょう。

パントガールの最適な量は大人であれば、1日3回1錠の量と言われています。
パントガール自体、重篤な副作用の報告はされていないものの、過剰摂取してしまうと身体にとっては負担です。
パントガールで治療をする場合は、最適な量を守るようにしましょう。