• ホーム
  • どうして白髪になるの?白髪の原因とメカニズム

どうして白髪になるの?白髪の原因とメカニズム

髪の毛に関する悩みといえば薄毛・抜け毛が中心ですが、白髪に悩まされている人もいます。
白髪になったことで魅力が増す男性もいるのですが、たいていは実年齢よりも老けて見えるデメリットの方が大きいです。
年齢のせいだから仕方がないと諦めてしまう人が多いですが、白髪になる原因とメカニズムを理解すれば対処することができます。

ほとんどの人は髪の毛が黒い状態なので、白髪の方が特別なのだと思われがちです。
しかし実際は、髪の毛が最初から黒いわけではありません。
最初は白い状態の髪の毛が、メラノサイトという細胞に含まれるメラニン色素の働きによって黒くなっていきます。
したがって、白髪になる原因を考える上ではメラノサイト・メラニン色素について考えていかなければなりません。

白髪は年齢のせいだと考えている人もいますが、それ自体は正しいです。
ただし単純に加齢が原因というわけではなく、加齢に伴ってメラノサイトが働きにくくなり、結果としてメラニン色素が失われるという流れになっています。

メラノサイトの働きが鈍くなることには、加齢以外にも栄養不足やストレスが関係しています。
加齢を止めることは不可能ですが、十分な栄養を摂取したりストレスを取り去ったりすることは可能です。
白髪に悩んでいる場合は、栄養やストレスに気をつけなければなりません。

白髪になるとハゲないのかと思われがちですが、ハゲないとは限らないため注意が必要です。
薄毛・抜け毛の悩みが進行しているときに、白髪の悩みも出てくることがあります。
よく知られているように、ストレスの影響で髪の毛が抜けてしまうことは多いです。
薄毛・抜け毛と白髪の間にも、密接な関係があることが分かります。

黒髪の中に白い部分が目立っていると気になるため、抜きたくなってしまうものです。
しかし抜くことで更に増える可能性もあることに注意しなければなりません。
白くなってしまった場合、抜くのではなく切るのが正しい対処方法です。

食生活が重要?効果的な白髪対策を知りたい!

白髪ができてしまったことに気づいたら、早めに対処しなければなりません。
男性型脱毛症などの症状と同様に、白髪も放っておいて改善するものではないのです。
あっという間に増えることもあるため、どの場所にできたのかをきちんと確認し、効果的な対処をする必要があります。
ただし、やみくもに対処しようとしても効果は期待できません。

日に日に増える白髪を見ると、恐怖に近い感情を抱いてしまうものですが、放っておくと恐怖はますます大きなものになります。
白髪に対処する方法としては、真っ先に白髪染めが思い浮かぶものです。
しかし白髪染めを安易に使ってしまうと、一時的には黒く見えるようになっても、また白くなってしまうことがあります。
根本的に改善させる方法を考えなければならないのです。

もっとも大切なのは、規則正しい生活を送るように心がけることだといえます。
生活習慣が乱れていると体調を崩すことも多くなり、髪の毛にも影響が出てくるのです。
とりわけ意識するべき点としては、食生活の問題があります。
十分な栄養を摂取して体調を管理することが不可欠です。

白髪になりやすい人は、たいてい内臓の調子も悪くなっています。
髪の毛が白い状態になると老けて見えることが多いですが、そこには内臓の不調も関わっているのです。
食生活を見直して内臓の状態を改善させると、白髪などの悩みも解消させやすくなります。

白髪ができた場所に対処する白髪染めを使うことが悪いわけではありません。
ただ、白髪染めだけで全ての問題が解決するわけではない点に注意する必要があるのです。
根本的な問題から目を背け、取り組みやすい方法だけを用いているのでは、白髪以外の悩みが増える結果になりかねません。